スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック企業を見分ける

どうしても避けたいブラック企業。しかし、従業員の定着率が悪いブラック企業だからこそ、不足する人手を補うべく、求人広告誌などには広告が溢れている。
もちろん、http://www.5250.jp/のような優良サイトもあるが、普通は用心してかかるべきだ。
さて、簡単な方法であるが、飲食店など、客が普通に立ち入ることができる業種の場合、一度は客として足を運ぶべきだ。これで6割は判断できる。
料理が不味かったり、従業員の態度が悪かったりするのは論外だが、安くて美味しくて笑顔が良いなんて店も要注意だ。客としては満足でも、これは従業員に負担がかかり過ぎている店の典型例だ。
従業員の犠牲によって顧客満足度を高めるというのは、ブラック企業ほかならない。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。