スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の一族と侵入者

太陽の光がやわらかく差し込み始めると、この村の一日が始まる。朝は狩人たちは馬に乗り、森へと出かけ、女性や子供たちは織物をしたり、近くに木の実を集めにいく。そうやってこの村ではずっと昔から、この生活が続いていた。村の長でもあった司祭は毎日必ず太陽の神殿に赴き、未来を予見していた。平和だった村に、突然悲劇が訪れる。海からやって来た人達の存在は彼らの生活を変えた。生活していた場所は彼らの管理下におかれ、自由に移動することが出来なくなってしまった。反旗を翻し続けた結果、彼らの部族は世界の歴史からその姿を消してしまったと考えられていた。しかし実はその戦いから逃れた2人の兄弟の子孫が、今でも太陽の神殿の近くで部族の復興を願い続けている。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。