スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小奇麗になってきた大阪のデリヘル店

昔は風俗店と言えば、煙草の脂の臭いがプンプンして、狭くて暗くて、時々ゴキブリが走るイメージがありました。ところが、ここ数年で変化が見られます。大阪のデリヘル情報ならアソビバを見ていると、雰囲気だけでも伝わってきます。その雰囲気のまま、お店も小奇麗なんです。どうしたことでしょうか?

デフレ不況で客足が減ったからなのか、当局が何か指導でもしたのか、少し気になるところですが、小汚くなるよりは、綺麗になる方がいいに決まってますから歓迎します。経営者がガチで勝負に出たら、こんなに魅力ある店に出来るんだという迫力すら感じられます。そういう店は、何度でも利用したくなります。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。