スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融業とて大変厳しい時代

電車に乗っていると、銀行系列の消費者金融(いわゆるサラ金)業者の広告があって、その隣には司法書士事務所の広告が。「払い過ぎたお金は返してもらいましょう」というキャッチコピーが目立っています。この隣り合わせの業界は喧嘩しているような関係だと思うのですが、よくも並べて宣伝できるものだと感心しました。

今は司法書士事務所を通じて、サラ金の返済で払い過ぎたお金を取り戻している人が増えています。しかも数千円という単位ではなくて、数百万~1千万超という返済金を受け取ることに成功している人がざらに居ます。グレーゾーン金利の20%以上の部分は返還されるので、今、サラ金業者が倒産するという事態になってます。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

パチンコやって人生狂う人

テレビをつけると和田アッコが踊りながらパチンコ屋の宣伝をしてます。昔はこんなCM、流れてなかったはずですが、今はOKなんですか?少し前には武富士とか、サラ金のCMもやってたことだし、なんとなくダーティーな世界のCMも認められてきてるんでしょうか。それでもパチンコ依存症というのは重い病気らしくて、競馬や競艇なんかに比べて、中毒になる割合が高いようです。実際にそれで借金苦になりサラ金に金を借りてはパチンコで消費して、またサラ金へという人をよく見かけました。これはパチンコで勝った時に景品に替えてもらって、何故かそれを現金化する施設があることに起因するのではないでしょうかねぇ?

規格というものがあるので

土の中から掘り当てたパチンコ玉の直径を計ると、10mmぐらいでした。これは大きいのか小さいのか、1個の玉では分かりかねるので調べたら、パチンコ玉は11mmという大きさで統一されているようです。ということは、掘り当てたものは少し小さいということですね。厳密には0.何ミリの誤差の範囲かもしれません。

さて、ここで誰しも考えるのが「この玉は使えるのか?」ということ。A店の玉をB店で使うなんてご法度だとは重々承知の上で、恐る恐るチャレンジしてみたら、なんと直後に大当たり!もしやあの玉が関係してるのかとドキドキしながら景品に交換。そこから最終的に現金に換わる訳で、どちらが違法行為なのか難しいところです。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。